右京地区自治連合会がアンケート結果を公表!

右京地区自治連合会は、4月28日の総会後に全世帯を対象としてアンケート調査を実施されました。その用紙には、次のように書かれています。

「右京小学校存続を求める請願書」は、2019年3月の議会で否決されました。また、施設一体型の小中一貫校の校舎建設の設計予算が可決され、新しい学校は、2021年度開校に向けて進んでいます。この流れを変更させることは困難な状況であると判断されます。

これからは、

1⃣ 新しい学校を如何に良くするかの話し合いに入る必要性を感じています。

2⃣ 右京小学校跡地の利用方法についても、話し合う必要があります。例えば、低学年の通う分校、子ども園の設置、地域文化センター、災害時の避難所、などの案が聞かれます。

3⃣ 学校建設のために、一部売却も避けがたいようです。

4⃣ 小学校統合問題についてはPTAと連携して市の説明を求めていきたいと考えています。

以上、1⃣ ~ 4⃣について広く皆様のご意見を、アンケートとしてお聞きしたいと考えています。

回答欄は、項目ごとに個別に分けられておらず広いスペースに自由に記載する方式がとられていました。

最近、このアンケート結果について、提出された全ての回答内容をそのまま羅列し、回覧で公表されました。

回答者が、小中校の統合についてどのような考えであるのかをアンケート結果から分類してみました。その結果は、次のとおりでした。

回答者数;147通

A あくまでも統合に反対の人

40人

B 積極的賛成や以前は反対であったが今は容認している人

94人

C 判別できず

13人

このうち保護者(未就学を除く)についての分類は次のとおりでした。

A あくまで統合に反対の人

7人

B 積極的賛成や以前は反対であったが今は容認している人

8人

C 判別できず

2人

以上の分類は、記述を読んでしたものであり、中には分類誤りが有るかもしれません。しかし、大まかな傾向に間違いはないものと考えております。

神功地区新小中学校開校準備協議会 第2回会議 開催

第2回準備協議会が、6月10日午後5時30分から平城西中学校図書室で開催されました。会議には協議会委員のほか、教育政策課、教育総務課からも沢山出席されました。またオブザーバーの参加も複数名みられました。次回の会議は、6月24日(月)と6月28日(金)、いずれも平城西中学校で18時からの予定です。

以下に、会議に参加した1協議会委員からの報告をご紹介します。

 会議は6月7日に開催した先進2校の見学会の報告から始まりました。視察写真集をもとに報告があったあと、先進校の特徴と文科省の施設整備指針、平城西中学校区施設一体型新小中学校基本構想との対比などの資料に基づき意見交換が行われました。

( ➡︎ 議事録をご覧になる方はこちらを click してください!)

 先進校の写真を見ると、とても明るく、ゆったりとしています。そして、そこを使う子どもたちや先生にあわせた様々な工夫がなされていることが分かります。平城西中学校区の学校とのあまりの違いに、この2校が特別なのかと錯覚しますが、平成4年から出されている文部科学省の小学校施設整備指針(➡︎ click)と対比するとそれが現代の標準であることがよくわかります。学校は学習の場であるのみならず、生活の場としてのゆとりと潤いが必要であるとされています。

また、昭和モデルの教室は7m×9mの63㎡ですが、凌風学園の教室は8m×9mの72㎡です。国庫補助対象は74㎡までです。新校舎は、72㎡であるべきであるとの意見が出されました。廊下幅についても、昭和モデルでは2.3㎡程度であるのに対し先進校では約3.5mであるこいとが指摘されました。

机のサイズや子どもたちの体格も随分大きくなっています。教室の広さを考えるにあたりこのような変化を無視することは出来ないと思います。出席した教育委員会の方からは、教室・廊下の広さについて当日出された意見を基に考えたいという趣旨の発言がありました。

 新校舎の教室が今よりも広くなるのであれば、より体が成長する高学年や中学生が使用するなど、どの学年がどの教室を使うかについても、柔軟に検討していく必要があると感じました。

教室の配置や設備など、沢山の検討項目がありますが、基本は前記指針を拠り所とすることだと思います。6月末までに準備協議会の意見をまとめることになりましたので、柔軟な発想でより良い提案が出来ればと考えています。

( ➡︎ 先進校視察資料写真をご覧になる方はこちらを click してください!)

「神功地区新小中学校開校準備協議会」が京都市立凌風学園・宇治市立黄檗学園の見学会を実施!

 開校準備協議会は、6月7日午後、京都市立凌風学園と宇治市立黄檗学園の見学会を実施しました。協議会メンバーや地域代表、教育委員会など18名が参加しました。以下は、それに参加した1協議会委員の感想です。

日頃見ている平城西中学校区の学校は、終戦間もない昭和25年に定められた「鉄筋コンクリート造り校舎の標準設計」に従った昭和モデルの施設です。それに対して、上の2校はまさに今の時代の学校モデルであると強く感じさせられました。

この半世紀の技術革新は目覚ましものがあります。またグローバル化が進むなど社会も大きく変わっています。この変化は当然学校にも影響を与えるものです。

両校ともに敷地は決して広くはありません。特に黄檗学園はかなり狭い敷地に立地しています。ところが、建物内に入るとどちらも明るく広々と感じられました。

廊下の幅が広く(3.5メートル程)、オープンスペースや交流スペースが多い。教室、職員室その他の部屋が外から見えるようになっており、可視化が徹底している。黄檗学園では、校長室も外から見えるようになっています。

児童・生徒の動線や教育上の配慮、先生の使い勝手など、教室内外にもいろいろな工夫が見られました。暖かな色使いで木のぬくもりも感じられ居心地のいい空間づくりがなされていました。

先日、奈良市教育委員会から示された基本構想案は、折角の広い敷地を活かしきれていない感がありました。また、昭和モデルから脱却できているのかという疑問もあります。令和の時代に創る学校として、平成のモデルをも越えなければなりません。

先進校のいいところ参考にしながら、更に良い学校ができることを期待します。準備協議会でもどんどん意見を出していきたいと思いました。

子どもからも中の様子がわかる職員室(凌風学園)
廊下とオープンスペース(凌風学園)

第1回(神功地区)新小中学校開校準備協議会開催 ➖新小中学校の施設配置案など示される➖

2019(令和元)年5月22日17時30分から平城西公民館大会議室において、第1回新小中学校準備協議会が開催されました。 

 設置要綱を確定し役員選出の後、出席された奈良市教育委員会から、現時点における施設配置案と今後の開校と整備のスケジュールが資料に基づき示されました(Click ➡︎ 資料はこちらです!)。

 当日は、示された計画についての質問を主として行い、これに対する各委員の意見を5月末日までに提出し、役員で取りまとめることになりました。

 質問を主としたとは言うものの、出席者からは計画の相当性について様々な疑問が出されていました。今後出される意見をもとにより良い学校になるよう早急に教育委員会への働きかけをする必要があるようです。

また、先進校である京都市立凌風学園の見学会を6月7日に実施することになりました。

 次回協議会は、6月10日午後5時30分から平城西中学校図書室で開催されます。

神功地区で新小中学校開校準備協議会(仮称)立上げへ

平城西中学校区における施設一体型小中一貫校開校に向けての設計等の予算がつき、いよいよ具体的な検討が始まります。奈良市からの要請を受けて、新しい学校についての地域の意見を集約する協議会が立ち上がります。まずは右京地区・神功地区でそれぞれに組織し、最終的には合同の協議会を設置する形でスタートします。

神功地区では、協議会の名称を「新小中学校開校準備協議会」(仮称)として、以下のメンバー構成で話し合いを行います。

・各種地域団体関係者(自治連合会・自主防災防犯協議会・地区社会福祉協議会・民生委員児童委員協議会)

・PTA関係者(平城西中学校・神功小学校・神功こども園・神功バンビホーム保護者会)

・有識者(学校支援コーディネーター)

・学校関係者(中学校校長先生・小学校校長先生・こども園園長先生)

第1回の会合は、5月22日(水)17時半より、平城西公民館で開催されます。傍聴も可能となっていますので、ご関心のある方はご参加ください。

第1回会合を前に5月6日には、メンバーの顔合わせ会が開催され、設置要綱や役員候補の検討の他に、協議会で検討すべき事項の抽出作業が行われました。設計が行われる今年度は、まずは新しい学校に関して主にハード面で検討すべき項目を整理しています。

(下記の「検討事項案」資料を参照ください。追加で検討すべき事項があればコメント欄にぜひご意見をお願いいたします。)

Click! ➡︎ 検討事項案 資料はこちらです!

22日の会合では、これら項目についての現時点での教育委員会の考えをお聞きするとともに、設計に関するスケジュールなどについても説明をしていただく予定です。

なお、奈良市は、同様の協議会を、右京地区でも設置することを働きかけています。右京地区自治連合会長名で同地区の全世帯に配布された「2019年4月28日 右京地区連合自治会総会」と題する文書には、「新しい学校を如何に良くするかの話し合いに入る必要性を感じています。」とあります。右京地区・神功地区、両地域から知恵を出し合い、よりよい学校づくりが進んでいくことを期待しています。

市長宛 要望書2通提出!(神功地区自治連合会・神功地区自主防災防犯協議会)

 奈良市の2019(平成31)年度予算に、平城西中学校区における施設一体型小中一貫校開校に向けての設計費等が計上され、議会でも承認されいよいよ具体的に計画が進んでいくことになりました。2年後の開校が予定されているのでのんびりしているわけにはまいりません。

 折角新しいものを創るのですから最新の知見を集め、後世にも他にも誇れる素晴らしいものにしていただきたいと思っています。そこで、神功地区自治連合会と神功地区自主防災防犯協議会は、4月14日開催の合同代位議員総会において標記の要望書2通を提出することを満場一致で決議し、翌15日に市長に提出しました。

 前者については、園舎などが分散し利用勝手が悪い上に、手狭で発表会、入・卒園式などの行事の実施にも支障がある神功子ども園の移転、これからの高齢化社会において高齢者の社会参加のために非常に重要であるのにバリアフリー化されていない平城西公民館の移転、バンビホームの充実、小中学校教職員・来客用駐車場の設置を求め、それらを単体として考えるのではなく学校も含めた総合的利用の検討を求めています。

 後者については、取りあえず防災拠点、避難所としての観点からの要望を出すことにしました。災害対応型太陽光発電システムの設置、十分な数のマンホールトイレの設置、飲料用水槽の設置、防災用の井戸の設置が主な内容です。

 なお、この要望書を提出した日に、当会ホームページへのアクセス数が100万回の大台を超えました。何か幸先の良さを感じています。

皆様、今後ともご支援ご指導のほど、よろしくお願い致します!

予算案を可決!(市議会本会議)平城西中学校用地での施設一体型小中一貫校設計費等

平成31年3月20日開催の奈良市議会本会議において、奈良市の平成31年度予算案が賛成多数で可決されました。その中には、平城西中学校用地での施設一体型小中一貫校の設計費、土質調査費など9750万円が含まれています。これによって、設計の委託や土質調査が実施可能となり、いよいよ開校に向けての具体的な動きが始まります。

教育委員会から両小学校を統合したいとの意向が地域に伝えられてから3年半、中学校も含めた統合を目指す後期計画が示されてから2年半が経過しており、ようやく地域の思いが形になることに感慨深いものがあります。

これからは、新しい学校がより魅力ある学校となるよう英知を出して行かねばなりません。あまり時間はありませんので、我々住民側も迅速に対応する必要があります。頑張りましょう。

このホームページへのアクセス回数は、既に90万回を超えました。昨年7月22日の立ち上げから僅か8か月でこれだけ多くの皆さまに興味を持って見ていただいたことに感謝申し上げます。今後ともご支援よろしくお願い致します。

神功地区でも説明会開催!

〜地域や保護者への説明会一巡~

1月27日午後、平城西公民館で平城西中学校区の学校規模適正化の説明会が開催されました。

出席者は、教育委員会から教育総務部長、前富雄第三小中学校校長の石原参与、福西教育政策課長、細川教育総務課長、岡田教育政策課課長補佐(チームリーダー)他の皆さん、そして市長部局から増田総合政策部兼都市整備部理事、木村都市整備部次長、上南総合政策課長でした。

今回の説明は、石原参与がされ、質問には他の方たちも分担して回答されました。昨年1月平城西中学校実施された説明会と比較すると、反対されている方から出されている疑問などについても丁寧に答える内容となっており分かりやすいものでした。

説明会資料や質疑応答の概要は市のホームページにもアップされていますので、ご参加にならなかった皆様もぜひ、ご覧になっていただければと思います。

●説明会資料はこちらです!

http://www.city.nara.lg.jp/www/contents/1544582416727/index.html

跡地利用についてもいよいよ具体的に検討して行く必要があります。

学校も含めて、平城西中学校区を魅力ある街、若い世代を惹きつけられる街にするためにはどうすればいいのか。

今回、市長部局からも来ていただいたのは、そのような街づくりをこれから始めましょうという奈良市からの強いメッセージであると受け止めています。

ホームページ開設からの閲覧数も先日70万回を突破いたしました!

今後は、新しい学校施設に対するご意見や跡地利用等についても、皆さまからのご意見を聞かせていただきたいと思います。

奈良市議会本会議で平城西中学校区の統合再編が取り上げられました!

12月の奈良市議会本会議で、自民党の山本憲宥議員が平城西中学校区の統合再編の意義を質問し、教育総務部長が回答しています。議会でもしっかりとその意義を議論し、よりよい教育環境整備を早急に進めてほしいと思います。

2月12日には観光文教委員会も開催されます。3月予算化にむけて着実に審議を進めていただきたいと期待します。

「奈良市議会議員だより 第137号」より抜粋

平城西中学校区の統合再編その意義は
自民党 山本憲宥 
教育委員会は、平城西中学校区の統合再編計画について、平成33年4月の開校を目指すとの方向性を示しているが、統合再編の意義は。

 教育総務部長
学校では、単に教科等の知識や技能の習得だけでなく、集団の中で互いに高め合い、思考力や判断力、表現力などを育み、社会性や規範意識を身に着けることが重要となる。そのためには、発達段階に応じた一定規模の集団で複数のクラスを確保し、それに伴うバランスのとれた教職員の配置が必要である。両小学校の中央に位置する平城西中学校の敷地内で小中一貫教育校として適正な学校規模とし、児童生徒の教育環境の改善を図る必要がある

click ‼︎ ➡︎ 奈良市議会だよりNo.137(平成31年2月1日発行)

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

昨年の7月に考える会の準備会が立ち上がり、8月に正式に発足してから、約半年間活動を行ってきました。会の趣旨に賛同いただき、登録いただいている会員の皆さまは、178名にのぼります。また、ホームページのアクセス数も46万回を超えました。

多くの地域の皆さまが、平城西中学校区の子どもたちの教育環境、学校の在り方に関心を寄せていただいていることに感謝申し上げます。

1月には、神功地区や神功こども園などでも説明会が順次開催される予定です。奈良市が描く平城西中学校区のこれからの教育の姿をしっかりと伝えていただき、また、地域の期待や不安といったさまざまな声を受け止めたうえで、地域とともに計画を推進していただきたいと思います。

2月に奈良市議会観光文教委員会で請願への審査がなされ、3月の議会で来年度の予算が最終決定される予定です。奈良市教育委員会が示した計画では、来年度に新しい小中一貫校の設計・業者選定・発注を行うとしていますので、まずは、そのための予算が確保されるかを見守りたいと思います。

本年も、平城西中学校区の子どもたちのために、たくさんのご意見を賜れば幸いです。よろしくお願いいたします。