橿原市でも統合、再配置案が示される・・・新聞記事から

昨日(10月16日)の奈良新聞は、一面トップで橿原市市立小中学校のあり方を検討する「市教育施設再配検討審議会(藤原昭会長)」の答申案を報じています。

現在の16小学校6中学校を9小学校4中学校に統合する案だとのこと。その中で学校の適正規模は、学校当たり12~18学級。通学距離は小学校はおおむね4キロまで、中学校はおおむね6キロまでの範囲としています。

平城西中校区で、平城西中学校敷地に小中学校を統合しても、遠いところで1.6キロ程度です。半分以下の距離です。遠くなるということを反対理由に挙げている方もおられるようですが、おおよそ世間の支持を得られる反対論でないことがわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です