奈良市教育委員会 適正化対応チームを新たに設置

10月10日、考える会の世話人メンバーを中心に、奈良市との懇談を行いました。

懇談会の様子

奈良市教育委員会は、「平城西中学校区の規模適正化計画をより具体に進めていくように」という市長からの命を受け、教育政策課の職員3名がチームで対応する新たな体制をつくったという報告がありました。

今後は、新しい学校の開校をいつにするのか、そのために何をいつまでにするのか、といったより具体的な計画をできるだけ早い段階で検討し、広く住民の理解が得らえるよう丁寧に説明会等を重ねていきたいとのことでした。

2年間、まったく動きがみられなかった適正化への対応に、ようやく具体的な一歩が踏み出されたと期待します。まずは、説明会の開催の早期実施に全力を注いでいただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です