右京請願に対する見解(続編)

1 奈良市が財政難や少子化を理由に本計画を発表したとし「財政難のしわ寄せを子供に向けてほしくありません、」という主張について。

神功小の信じ難い程ひどい雨漏り以外にも、奈良市立学校の空調設置率が極めて低いこと、洋式トイレ化も進んでいないこと、あちこちで老朽化した校舎が放置されていること、正教員の割合が低いこと、IT化が進んでいないことなど市の財政状況の悪さが子どもたちの学習環境を劣悪なものにしています。このような財政状況下では限られた市の財産を有効に活用することが非常に重要です。財産の有効活用により、子どもたちに魅力ある教育環境を提供することが重要です。技術の進歩や生活様式などものすごいスピードで社会は変化している今の時代に、半世紀近く前に設置された老朽化した学校を、何時までも放置しておくこと、それは大人の無策のしわ寄せを子供たちに向けることになっています。

2 右京小学校は地域活動の拠点であるとし、その例として「右京っこクラブ」やスポーツを掲げられています。

「右京っこクラブ」とは放課後子どもクラブのことだと思いますが、小中一貫教育の小小交流を目的とし、現在は多くのプログラムが右京小と神功小合同で実施されています。また、これには近年子どもの数が減少し、右京小だけ神功小だけで全てを開催することが困難となっているという背景もあり、二小合同で実施することにより、講師のボランティアも多様化し、プログラムも充実するというメリットがあるようです。スポーツでは、少年野球、サッカーともに単独の小学校ではチーム編成が出来ず、合同でチームを結成しています。このように、子どもたちも、地域ボランティアも平城西中学校区として、つながっているのです。なお、平城西中学校区の地域住民による学校支援活動も、対象となるが学校用地があまりにも広いのに対し、支え手が減少してきており維持することがしんどくなっているように聞いています。

繰り返しになりますが、社会は大きく変わっています。その変化に合わせたより良い学校を早急に考えるべき時期でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です